2018年10月11日 第41号

 アルバータ州エドモントンで同州議会野党の連合進歩保守党(UPC)が来年の選挙に向けた候補者との親交を深めるパブナイトを開催中に、ソルジャー・オブ・オディン(SOO)メンバーと記念撮影をしていることが分かった。SOOのフェイスブックページに写真が掲載され明らかになった。

 5日に行われたイベントで一緒に写っていたUPC候補者3人の一人ニコール・ウィリアム氏は、7日に自身のツイッターでSOOが何を意味しているか分からなかったと語り、知っていれば「彼らの差別的信念は我々の党には必要ないのでその場を離れるよう求めた」と説明した。

 ソルジャー・オブ・オディンとは2015年にフィンランドで白人至上主義者ミカ・ランタ氏によって組織された反移民を掲げるグループ。カナダにも支部があり、大都市圏に多い。カナダ支部では自らをカナダの安全を守るグループとし、人種差別主義者ではないと主張している。

 今回一緒に写真に写っていたSOOメンバーは約10人で、身に着けている帽子やシャツに、「S.O.O.」の文字が入っていた。

 UPCジェイソン・ケニー党首はツイッターで、党としてどんな集団でも人種差別を助長するグループを非難する、特に今回はUPC先住民族候補者の活動を汚す行為であり非常に不愉快と述べた。

 しかし与党新民主党(NDP)は、UPCは人種差別主義者を取り込もうとすることがあり、今回の件についての反応も疑わしいと党のツイッターで語っている。

 

 

今週の主な紙面
12月13日号 第50号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~6

詳しくは12月13日号 第50号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ