2018年5月10日 第19号

 オンタリオ州トロントで開かれた党首討論会を盛り上げるサポーターに俳優が雇われていたことが8日、明らかになった。

 自由党キャサリーン・ウィン党首、進歩保守党(PC)ダグ・フォード党首、新民主党(NDP)アンドレア・ホーワス党首の3人が参加しテレビで生中継された7日の党首討論会で、会場となったシティTVの周りには、この日各党サポーターが多く駆け付け、党首の名前を書いたプラカードなどを持って盛り上げていた。

 その中のPCのサポーターに俳優が雇われていたという。このイベントへの参加を呼び掛ける募集を見た俳優たちから現地メディアに問い合わせがあり発覚した。

 これについて8日、記者会見で質問されたダグ・フォードPC党首は、初めて聞いたと語り、調査すると約束した。

 その後、PC広報メリサ・ラントスマン氏はこの事実を認め、この選挙区の候補がキャスティング会社に連絡して行ったとツイッターで説明。不必要で間違った対応だった、二度とこのようなことが起こらないようにすると語っている。ただ誰が直接関与していたのか、個人名を出すことはなかった。

 トロントの地方紙トロント・スター紙によると、7日の午後2時から8時まで75ドルで20人を募集していたという。

 実際にどれくらいの俳優がサポーターとして参加しているかについては正確な数字は発表されなかった。

 今回の件についてPCにますます批判の声が上がっている。フォード党首は3月に党首に就任して以降、選挙では慣例となっている記者が同行する選挙活動バスを取りやめたり、党のスタッフを使ってテレビインタビュー風の撮影を行ったりと、これまでとは違ったやり方で選挙へ臨もうとしている。こうしたやり方が必ずしも有権者にとって公平とならないため、批判する専門家もいる。

 今後は、トロントで知名度が高いフォード党首がオンタリオ州全体でどれくらい支持を伸ばせるのか、こうしたやり方が功を奏すのかに注目が集まっている。

 

 

今週の主な紙面
8月9日号 第32号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは8月9日号 第32号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ