2018年4月12日 第15号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーに住むB・J・マクヒューさんは90歳になったが、今でもフルマラソンに参加する現役だ。

 それどころかこれまでに、数々の世界記録も樹立している。最近では昨年12月、第45回ホノルルマラソンを、90歳以上部門のそれまでの記録を2時間も短縮する、6時間47分31秒で完走した。

 90歳ともなるとタイムも伸びないし、大会に参加するのはもういいと語るマクヒューさんが、マラソンを始めたのは50代後半からだった。かつて、娘のジェニファーさんを、水泳トレーニングのためバンクーバー中心部のプールまで送り迎えしていた頃、待っている間の時間つぶしに、とスタンレーパークのシーウォール遊歩道を散歩していたのがきっかけだった。やがて散歩がランニングになり、その気分爽快さから、あっというまにやみつきになってしまった。

 そしてマラソン大会に出場するようになったマクヒューさんに、世界各地の大会から招待がかかるようになった。2009年のローマ大会では、世界トップクラスの招待選手に混じって、先頭集団でスタートを切った。以来ロンドン、ボストン、ニューヨーク、シカゴのほか、カリフォルニア州のビッグ・シューア大会など20以上のフルマラソン大会に出場、そのうちのいくつかでは女性85歳ー89歳部門や総合82歳ー88歳部門などで新記録を樹立している。

 そんなマクヒューさんには4人の子供と4人の孫がいるが、彼らの多くもマクヒューさんと一緒にマラソンを楽しんでいる。そして、かつてプールに送り迎えをしていた娘のジェニファーさんは、カナダの水泳選手として、ミュンヘンオリンピックに出場している。

 昨年90歳という大台を迎えたマクヒューさんだが、「結局、90という数字に過ぎない。走っていると世界がバラ色になる」と語り、これまで通りだと取材に語っている。もちろん、この歳で走りつづけることは容易ではないが、マクヒューさんはいつも「これが最後のマラソンになる、あとはもうない」と自分に言い聞かせているという。こうして目標を定めた後は、それを固く心に保ち完走することを目指していると、取材に話していた。

 

 

 

今週の主な紙面
4月19日号 第16号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
アートの町・ポートムーディで個性が響き合う“一写入魂”の作品展開催中…V-2
東洋医学の杜…~鍼灸・漢方専門医のつぶやき~第1回 不眠症の鍼灸・漢方治療…V-10
MOVIES TIME OUT…V-11
ヨガと健康 第26回…V-21
ホワイトキャップス、ホーム連続不敗記録11で止まる…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~18
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは4月19日号 第16号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ