2018年4月12日 第15号

 オンタリオ州進歩保守党(PC)は9日、同党キッチナー-コネストガ選挙区マイケル・ハリス議員を除名処分としたことを明らかにした。

 党議長リサ・トンプソン氏の声明によると、同党は6日にハリス議員によるインターンへのセクハラ行為の証拠を受け取ったため、6月の選挙にPCとしての立候補を許可しないこと、党を除名処分とすることを決定したという。

 党に提示された証拠には、2013年に女性が提出した被害届と、同時期に女性が同議員から受け取っていた不適切なテキストメッセージが含まれていたと説明。トンプソン氏はその日のうちに同議員にこの件について話を聞き、本人から正式な被害届は出されなかったとの説明を受けたとも説明している。

 ダグ・フォード党首はこの件について金曜日の夜に知らされ、土曜日の早朝に選挙対策委員会がハリス議員の立候補資格を取り消す処分を下したと声明文で説明した。「職場での不適切な行為に対して党は一切を許さない」と党の立場を改めて強調した。

 PC党は、1月に女性2人が全国ネット放送局CTVでパトリック・ブラウン前党首からの性的不適切行為を告白し、党首辞任に追い込まれたばかり。そのため、党首選を実施しフォード新党首が誕生したという経緯がある。

 オンタリオ州自由党、新民主党(NDP)は、党がいつからこの事実を把握していたのか、今回の処分でフォード党首がどのような役割を果たしたのか時間経過と共に説明する義務があると批判している。

 ハリス議員は、この件が明らかにされる数日前には目の病気の治療ために次期選挙への出馬は見送ることを明かしていた。今回の件で、6年前の出来事だが、「あれは間違った行為だった」として女性に対して謝罪する声明文を発表。党や支援者にも迷惑をかけたことを謝罪した。ハリス議員は2011年に当選。野党では運輸問題を担当していた。

 これを受けて、妻のセーラ・ハリス氏が6月の選挙でハリス議員の選挙区に立候補の意思があることを地元紙のインタビューで語っている。

 

 

 

今週の主な紙面
12月6日号 第49号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
まるごとカナダ…V-11
カナダで楽しむ食の世界…V-14
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは12月6日号 第49号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ