2018年3月8日 第10号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーで、新しいバイクシェアプログラムが始まった。同州バンクーバー市に本社を置くベロメトロ(VeloMetro)が、ビーモ(Veemo)として提供するプログラムは、まるで一人乗り乗用車のようなプラスチックボディで覆われた、電動アシスト付き三輪自転車。乗用車と同じくドアを閉めれば、中の人は外界から遮断され、風雨から守られる。

 同プログラムは現在のところ試験運用をブリティッシュ・コロンビア大学キャンパスで行っている。5台の三輪自転車が導入され、同大学のスタッフと学生、また19歳以上の一般人ならば、コンピューターや携帯電話にダウンロードした専用アプリから登録することで利用が可能となる。現在のところメンバー料金などはなく、利用した時間に応じた料金を払うことになる。

 LEDのヘッドライトにテールライト、上げ下げ可能なドアウィンドーなど、外見は全く乗用車のようだが、れっきとした自転車なので運転免許証は必要ない。自転車専用レーンを走行して、自転車が止められる場所なら、どこでも『駐輪』できる。

 このプログラムは、大学キャンパスでの試験運用の結果をふまえ、バンクーバー中心部への展開を狙っている。また、この三輪自転車そのものの販売も予定されているという。

 

 

 

今週の主な紙面
6月21日号 第25号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
食都神戸2020プロジェクト…V-2
ウィルチェアーラグビー カナダカップ2018日本チームが準優勝…V-11
サレー日本語学校学習発表会と卒業式&創立40周年記念式典…V-14
MOVIES TIME OUT…V-15
ヨガと健康…V-21
ジャズと絵画のコラボ…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~18
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは6月21日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ