2017年11月9日 第45号

 自由党政権は4選挙区での補欠選挙を今年12月11日に実施すると5日、発表した。4選挙区は、ニューファンドランド・ラブラドール州ボナビスタ-バーリン-トリニティ選挙区、オンタリオ州スカボロー-エイジンコート選挙区、サスカチワン州バットルフォーズ-ロイドミンスター選挙区、ブリティッシュ・コロンビア州サウス・サレー-ホワイトロック選挙区。

 3州の選挙区は議員の辞職によるもので、オンタリオ州のみ自由党アーノルド・チャン議員の病死により空席となった。

 2議席は前保守党議員、あとの2議席は前自由党議員が保有していた議席だが、注目はBC州サレー選挙区。ここは2015年選挙で初当選した保守党ダイアン・ワッツ前議員の選挙区。ワッツ氏は国会議員の前は、サレー市で長年市長を務めていた。連邦選挙に出馬するために市長を辞任したが、今回は現在行われているBC自由党党首選に立候補したため、国会議員を辞職した。

 サレー地区はインド系移民が多く、今回連邦新民主党(NDP)にインド系カナダ人のジャグミー・シング党首が誕生し、NDPが議席を取れるか、また現在BC州では人気が下がっている自由党が巻き返せるか、次期総選挙を占う意味でも注目されている。

 またオンタリオ州では、現在議席を持たないNDPシング党首が立候補するかどうかにも注目が集まっている。

 

 

 

今週の主な紙面
11月16日号 第46号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康質のよい体を保つ法・その2…V-21
リメンバランスデー日系カナダ人戦没者追悼式典…V-23
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは11月16日号 第46号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ