風を描く

ウエストエンドにある上甲カネコさんのコンドミニアム。イングリッシュベイの海と、その対岸にあるバニエ・パークを臨む12階のバルコニーに並ぶ植物や鉢植え。
「ここの風はすごいんですよ。もう咲くだろうと楽しみにしていたさざんかのつぼみが吹き飛んでしまいました」
風を描きたい。そんな思いをしたためて出来上がった作品が『浜風』だ。
移住当初、バンクーバーは何と刺激の少ないところだろうと思ったそうだが、今ではこうした自然から得るインスピレーションも創作への意欲につながっている。

 

墨象(ぼくしょう)画家、上甲カネコさん。ときおり見せる純粋な少女のようなまなざしからは想像出来ないが、年齢は90歳。「バンクーバーに来たお陰で、こんなに長生きしてるんじゃないかしら」
夫から愛人がいると告白され長年の結婚生活に終止符を打った上甲さんは、親類のいるカナダへの移住を決意。1988年、傷ついた心で狭心症をわずらっていた上甲さんは、医者から渡されたニトログリセリンを持ってバンクーバーの地に降り立った。だが、北米での暮らしの中でそれは必要なかった。

パステルでスケッチ

愛媛県松山市で生まれた上甲さんは「職業婦人になんか、ならなくていい」という父の考えを押し切って上京した、いわば独立心旺盛な女性だったようだ。
29歳で結婚して郷里へ戻って主婦になったものの、画用紙とパステルを買ってきて家事の合い間に絵を描くようになった。野原へ行ってスケッチしたたんぽぽや、しゃくなげの花。
アマチュアの絵描き愛好会『松山チャーチル会』を紹介され、本格的に油絵を始めると同時にデッサンを習った。チャーチル会の全国大会に参加して作品が入賞することも多くなり、えひめ女流美術会展など、展覧会出品の機会も多くなった。

 

絵描きになります

そうするうちに、ピカソやミロが出品したフランスの権威ある美術展覧会『サロン・ド・メ』に出品しないかと声がかかった。「油絵を本場に送るのは自信がなかったので、墨象画を始めてみたのです」
墨象画とは、毛筆で墨を使って和紙に描く抽象画のこと。上甲さんは朝から墨をすり、数百枚の大きな和紙に絵を描き続けた。1984年、応募した絵は2点とも入選し、そのうちの1枚『無と心1』が入賞となり、上甲さんの作品はフランスの画壇の登竜門ともいわれるサロン・ド・メに展示されたのだ。 「油絵は修正が出来るけれど、墨はそのとき限り。だから一瞬にかけるおもしろさがあります」
油絵から墨象画へ転向し、オランダ美術賞展、スペイン美術賞展で展示され、個展を開くようになった上甲さんは「奥さんをやめて、絵描きになります」と宣言し、カナダへ移住したのだった。

 

墨が和紙の上を走る

「墨をするとき、その匂いをかぎながらイメージを固めていきます」
大きな筆にたっぷりと含んだ墨が大判の手すき和紙の上を走る。神経を集中させ、一瞬にして描かれる線。筆からしたたり落ちる墨。
白と黒の世界に時折表れるアクセントは、色のついた和紙をちぎって添えたものだ。
「墨流しといってマーブリングで紙を染めることもあります。これは私が考え出した技法だと思っていたら、とても昔からあるものだそうで、平安朝の貴族は紙を染めて遊んだようです。人間が考えることって同じなんだなと思いました」。

 

目覚めた創作意欲

バンクーバーを拠点にメキシコやヨーロッパを旅して絵を描き続け、北米各地で個展を開催。自由奔放で力強い作風に魅せられたファンも多い。
「絵は生活の一部。私には子どもがいないから、作品は私の子どもたち」という上甲さんは、90歳を前にひとつの夢を持っていた。
「ニューヨークで個展を開きたい」
そんな上甲さんを応援する人たちの協力を得て、昨年末ニューヨークのアゴラ・ギャラリーと契約が交わされた。インターネット上で作品の公開が始まったとき上甲さんは「私の作品に羽が生えて飛び出したみたいに感じた」という。
「実はこの数年間眠ったような状態でしたが、ニューヨークでの個展の話が持ち上がってから目覚めて、また描くようになったのです」と童女のような瞳で語る。
夢だったニューヨークでの個展では、新たな意欲で描いた新作を含む28点が展示される。6月始めにはオープニング・レセプション出席のため、上甲さんもニューヨークへ向かうという。

 

取材 ルイーズ阿久沢

 

上甲 カネコ(じょうこう・かねこ)

墨象画家。1923年愛媛県松山生まれ。1961年松山チャーチル会入会。えひめ女流美術会展6回出展。油絵から墨象画に転向し1984年サロン・ド・メ招待出品入賞。オランダ、スペイン、メキシコの美術賞展出品。1988年カナダに移住。サロン・ド・フィナール国際美術展(1993年、1994年)出品。バンクーバーほかカムループス、オンタリオ州、アメリカ・ワシントン州などで個展を開催。サロン・ド・フィナール会員。
http://kanekojohkoh.wordpress.com/

 

【上甲カネコ ニューヨーク個展】
日時:6月4日- 25日 火 - 土 11am - 6pm
オープニングレセプション:6月6日 6 - 8pm
場所:Agora gallery
530 West 25th Street, New York, NY
電話番号: +1(212) 226 - 4151
http://www.agora-gallery.com/Invite/Kaneko_Johkoh.aspx

 

今週の主な紙面
2月20日号 第8号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
この人にフォーカス 彫刻家 マイク・佐々木さん…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
ヨガと健康…48…V-21
求人情報…V-4~5

詳しくは2月20日号 第8号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ