Blumhouse's Fantasy Island • 1917 命をかけた伝令 • One Day in the Life of Noah Piugattuk


 

Blumhouse's Fantasy Island

Blumhouse's Fantasy Island ©2020 Sony Pictures Releasing 

怪奇現象と闘うホラー映画

1977年から80年代にかけて放送された同名のテレビドラマが原作。ジェフ・ワドロウ監督によるホラー映画で、主演はマイケル・ペーニャ。太平洋に浮かぶ幻想的な孤島ファンタジーアイランド。そこのリゾート施設を運営している持ち主のミスター・ローク(ペーニャ)には、どんな願いも叶えてくれるという噂がある。コンテストに応募して選ばれたエレーナ(マギー・Q)やメラニー(ルーシー・ヘイル)たち5人は、喜んで島を訪れる。だが次々と怪奇現象が発生し、命を守るためにファンタジーアイランドの隠された秘密に向き合わなければならない。

14A 1:49 hr

上映:Scotiabank Theatre, Cineplex Cinemas Marine Gateway and VIP, Cineplex Cinemas Park Royal and VIP, Cineplex Cinemas Metropolis, Cineplex Cinemas Coquitlam and VIP, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Strawberry Hill, Cineplex Cinemas Langley

 


 

1917 命をかけた伝令

映画のポスター ©2019 Universal Pictures

ロングランしている話題作 

今年のBAFTA、ゴールデングローブ、アカデミー賞で多くの賞を受賞した英米合作の戦争映画。第一次世界大戦時にいた2人の若いイギリス兵の1日を描いた作品で、祖父から聞いた話を元にサム・メンデス監督が製作した。1917年、アルベリッヒ戦略を使い後退していくドイツ軍に対し、何も知らずに罠に向かって進んでいた連合軍。イギリス軍による航空偵察がその情報を把握すると、電話線がない中、二人の通信使が選ばれる。若い将兵ウィリアム・スコフィールド(ジョージ・マッケイ)とトム・ブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)は、連合軍に情報を伝えるために決死の覚悟で無人地帯へ向かう。多くのエキストラを動員した、迫力ある映画シーンは必見。

14A 2:00 hr

上映:Scotiabank Theatre, The Park Theatre, Cineplex Cinemas Marine Gateway and VIP, Cineplex Cinemas Park Royal and VIP, Cineplex Cinemas Metropolis, Cineplex Cinemas Coquitlam and VIP, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Strawberry Hill, Cineplex Cinemas Langley

 


 

One Day in the Life of Noah Piugattuk

主演のアパヤタ・コティーク ©2019 Isuma/VIFF

先住民族の権利について考えさせられる映画 

バンクーバー国際映画祭でベスト・カナディアン賞を受賞した作品で、監督は独学で映画製作をするイヌイット・バフィン島出身のザカリアス・クヌク監督。舞台は1961年の北極。ノア・ピウガトゥク長老(アパヤタ・コティーク)率いるイヌイットのハンターたちは、カナダ政府の代表「ボス」とその通訳に出会う。ボス(キム・ボドゥニア)は彼らにお茶、ビスケット、砂糖などを提供しながら、土地を放棄して近くの集落に移り住むという相談を持ちかける。北極主権のために彼らを移転させようとする政府への脅威と疑いの中で彼らは、ストーリーテリングを伴ったダンスをして土地に別れを告げる…。明るいコメディー要素もあるこの映画を通して、現在も続いている差別問題の歴史を知ることができる。

G 2:53 hr

上映:Vancity Theatre
2月 28日(金)8:10 PM
2月 29日(土)4:00 PM
3月 1日(日) 3:00 PM

 

(文 ジェナ・パーク)

 

映画 年齢制限
PG 保護者の同伴が望ましい。
PG-13 13歳未満は保護者の 注意や指導が望ましい。
14A 14歳以下は保護者の 同伴が必要。
18A 18歳以下は保護者の 同伴が必要。
19+ 19歳以上のみ。
G 制限なし。
STC 年齢制限未設定 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。