Sonic The Hedgehog • Downhill • Love Live! Series 9th Anniversary LOVE LIVE! FEST


 

Sonic The Hedgehog

Sonic The Hedgehog ©2020 Paramount Pictures 

愉快な超音速 ・ 冒険ファンタジー映画

原作はセガゲームス開発のビデオゲーム『ソニックシリーズ』で、監督はジェフ・ファウラー。主演声優は俳優のベン・シュワルツと、相手役はジム・キャリー。宇宙の果てにある平和な島で育った、超音速で走る青いハリネズミのソニック(シュワルツ)。彼のスーパーパワーが政府から狙われたので一人で地球に逃げてきた。10年間一人でさみしく生活していたが、今度は世界征服を企む悪の天才科学者ドクター・ロボトニック(キャリー)から狙われる。困ったソニックは警察官トム(ジェームズ・マースデン)に助けを求めて、二人で地球の危機を救うために立ち上がる。

PG 1:39 hr

上映:Cineplex Odeon International Village, Cineplex Cinemas Marine Gateway and VIP, Cineplex Cinemas Park Royal and VIP, Cineplex Cinemas Metropolis, Cineplex Cinemas Coquitlam and VIP, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Strawberry Hill, Cineplex Cinemas Langley

 


 

Downhill

フェレル(右)とドレイファス ©2020 Searchlight Pictures

スキーも夫婦もダウンヒル 

今年のサンダンス国際映画祭でプレミアした作品で、2018年のスウェーデン映画のリメイク。監督は俳優兼コメディアンコンビのナット・ファクソンとジム・ラッシュで、主演は同じく俳優兼コメディアンのウィル・フェレルとジュリア・ルイス=ドレイファス。アルプスの雪山へスキー旅行に出かけたピート・スタントン(フェレル)とビリー(ドレイファス)夫妻。突然雪崩が起きて、二人は間一髪に命をとりとめる。だがその直後お互いを見ながら、これから先の残り少ない人生を一緒にやっていけるのかと不安になってくる…。賛否の分かれるコメディー映画。

PG 1:26 hr

上映:Cineplex Odeon International Village, Cineplex Cinemas Coquitlam and VIP, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Langley

 


 

1日限定上映
Love Live! Series 9th Anniversary LOVE LIVE! FEST

Love Live! Series 9th Anniversary LOVE LIVE! FEST ©2013 プロジェクトラブライブ! © 2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!! ©プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

9人で叶えるアニメコンサート 

先月さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)で行われたラブライブ! フェスの様子が、海外ライブビューイングとして限定中継される。9人で繰り広げる物語の9周年記念となるコンサート。今回は「ラブライブ! サンシャイン!!」からAqours、Saint Snowと、現在の新ゲームから虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会、そして2016年からステージに立っていない「ラブライブ!」オリジナルメンバーの µ's も登場する。スタジアムの「完全見切れ席」と同じ様に、大スクリーンからステージの雰囲気を味わう嗜好となっているので、ファンは見逃せない。日本語のみ。

PG 3:30 hr

上映:
2月24日(月)7:00 PM
Cineplex Odeon International Village, SilverCity Riverport

 

(文 ジェナ・パーク)

 

映画 年齢制限
PG 保護者の同伴が望ましい。
PG-13 13歳未満は保護者の 注意や指導が望ましい。
14A 14歳以下は保護者の 同伴が必要。
18A 18歳以下は保護者の 同伴が必要。
19+ 19歳以上のみ。
G 制限なし。
STC 年齢制限未設定 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/