2020年2月6日 第6号

 1月26日、ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市のリバーロック・カジノリゾートで村尾敏夫さんの100歳の誕生日を祝う会が開かれ、家族や友人、また国外からのゲストもふくめ、のべ150人以上が集まった。

 

村尾敏夫さんの子ども5人と。子どもの1人は病気のため欠席した(前段右:村尾さん)

 

 1920年にリッチモンド市スティーブストンで生まれた村尾さんは、日系コミュニティへ多大な貢献をしてきた。戦後は日本への送還かロッキー山脈東部への移住を迫られると日本へ渡ったが、1952年にはカナダに戻り、70歳の1990年まで漁師として活躍した。村尾さんの日系コミュニティへの貢献は、スティーブストン仏教会、スティーブストン日本語学校、スティーブストン剣道クラブをはじめ多岐に渡る。最近では、村尾さんの娘婿にあたるケルビン・ヒゴさんが推進委員会会長のスティーブストン・ニッケイ・メモリアル(スティーブストン日系記念公園)のプロジェクトで、アドバイザーも務めた。

 当日は、上述のとおり沢山のゲストがお祝いに来場したが、村尾さんが以前会長を務めたカナダ國風流詩吟会からもメンバーが駆けつけ、村尾さんも加わって詩吟を披露した。

(記事提供 ケルビン・ヒゴさん)

 

孫とひ孫に囲まれてお祝い(中央:村尾さん)

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。