2019年10月31日 第44号

2019年11月23日(土)、今年で9回目となったチャリティーコンサートがバンクーバー市のUnitarian Church of Vancouver (949 WEST 49TH AVE, VANCOUVER)で開催されます。現在、出演ご希望の演奏者も募集中です。楽器を習っているお子様、楽器は習いたてという大人の初心者の方、すでに音楽家として活躍される方等、アコースティックの楽器もしくはマイクなしの歌を観客の皆様とシェアして一緒に楽しみ、集まったファンドの寄付に賛同してくださる方なら、老若男女、初心者上級者、プロアマチュアを問わず大歓迎です。またグループでの参加も可能ですので、ご興味のある方はぜひ This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it. までお気軽にお問い合わせください。

 

 

 毎年恒例となったこのチャリティーコンサートも今年で9回目を迎えます。2011年の東日本大震災直後に開催されたファンドレイジングコンサートから始まり、それ以降も各方面で活躍する日本人、カナダ人他の音楽家たちの賛同を得て毎年開かれ、最初の3回のコンサートで得られた収益金は、ユナイテッド教会を通して東日本大震災の被災地に、それ以降はバンクーバーに住む低所得家庭の子供達に無償で音楽に触れる機会を提供しているSarah McLachlan School of Music http://www.sarahschoolofmusic.comに寄付されてきました。

 今年も全ての収益金は同校に寄付されます。この『参加型』チャリティーコンサートは、お教室に通っているピアノや声楽の生徒さんたち、その友人・知人さらには一般の皆様にも開かれたイベントです。お琴のアンサンブル、ピアノの発表、合唱の初心者クラスとアップルクワイアーによる演奏、そしてクラリネットとメゾソプラノとピアノのトリオなどが続き、洋の東西を問わぬ様々な楽器演奏など多彩な音楽のプログラムが披露されます。

 数年前からスタートした声楽の生徒さん達によるオペラは大人だけでなく家族連れの皆様にも大好評で、今年は「ラメンモールのルチア」、「トゥーランドット」、「ホフマン物語」、「ジョコンダ」、「ヘンゼルとグレーテル」など様々なオペラから多彩な楽曲を披露します。

 今までクラシック音楽どころか、人前で歌を歌ったこともなかった人が、次の年にはオペラを歌っている、なんていうこともありうるコンサートです。是非より多くの皆様とご一緒に楽しんでいただけたらと思います。

(記事提供 小牧彩子さん)

 

ピアノ部門の参加者

 

お琴やクラリネットのアンサンブルも参加 

 

合唱の初心者クラスとアップルクワイアー

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。