2019年9月19日 第38号

9月13日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市のGarden Village Churchで裏千家茶道家教授あやのこうじ宗春氏による茶道講演会及び茶道デモンストレーションが行われた。約50人の参加者に薄茶や濃茶が振舞われた。

 

あやのこうじ宗春氏による茶道デモンストレーション

 

松風(釜の湯がたぎる音)の音色とともにお茶のおもてなし

 第1部では「茶の湯の心とは」と題して千利休の教えである「利休七則」や、お茶の心が込められている「和敬清寂」についての講演。その後、薄茶体験と質疑応答が行われた。「日本文化になじみのない人に最初に何を教えますか?」という質問に、「まず、礼をするタイミングと、その状況を説明します。礼は神様に対してのみ行うものといった文化を持つ人たちも世界各国にいます。お辞儀の種類も日本で生活していると自然に身についている深々とお辞儀をすることと、軽く会釈をすることの違いも説明します(真行草の礼)」とあやのこうじ宗春氏は答えた。英語、フランス語、スペイン語が堪能であり、世界各地で日本のおもてなし文化を紹介している、あやのこうじ氏に様々な質問が相次いだ。

 第2部では、お濃茶と薄茶が振舞われた。参加者は「松風の音色が心に残り優雅な気持ちになりました、興味深く良いお話でした」と話した。着物姿の人が多く、会場には茶道のお道具もしつらえられ、訪れた人々は和のひとときを楽しんだ。

 

あやのこうじ宗春氏 プロフィール
ニューヨーク、バンクーバー、ロンドン、カナリアアイランドにて日本の伝統文化についての講演とおもてなし文化の紹介を行っている。また、日本国内では筑波大学にて留学生を対象に同様の活動を行っている。裏千家茶道家教授、同時通訳士、華道師範、香道師範、懐石料理指導、茶菓子作製指導

(取材 中島由香)

 

お道具のしつらえ

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。