2019年3月7日 第10号

3月10日、11日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市BCプレースで開催されるワールドラグビー・セブンズシリーズカナダ大会(カナダセブンズ)に出場する日本代表チーム選手13名とスタッフ7名がバンクーバー市のSt.Augustine's小学校を3月5日に訪問した。これは、大会に出場する各国の代表チームが地元の小学校やコミュニティセンターを訪れ、子供たちにラグビーの魅力や楽しさを伝える取り組みの一環。

 

選手、スタッフ、生徒みんな一緒に記念撮影

 

 St.Augustine's小学校のグレード6、7の12歳、13歳の生徒約50名が参加。選手たちの自己紹介のあと、まず副島(そえじま)主将から日本代表ジャージを学校へプレゼント。その後、校庭に出て2つの大きなグループに分け、ゲームを開始。副島、小澤両主将が指導するグループでは、ボールを使った鬼ごっごや腰に付けたテープを取るゲーム、藤田選手が指導するグループでは主にラグビーボールを仲間にパスする速さを競うゲームが行われた。日本選手も汗だくになってゲームに参加し、「子供たちは元気が良くとても楽しく、子供たちにエネルギーをたくさんもらえて、週末の試合に臨めます」とゲーム後にコメント。 記念のグループ写真を撮ったあと、体育館に戻り質問コーナーが設けられ、生徒から「何歳からラグビーを始めたのですか?」、「よくある怪我は?」、「効果的な練習は?」などの質問に、高校生からラグビーを始めたという選手が多く、すり傷はよくあること、一番簡単だけど重要なのは腕立て伏せかもしれません、などの回答があり、練習方法を質問した生徒のMIAさんと、野口選手の腕立て伏せ競争が即興で行われ、大いに盛り上がった。

 最後のサイン会では、どの選手の前にも長蛇の列が並び、覚えたての日本語「ありがとう」と口にした生徒も多かったのが印象的だった。

 岩淵ヘッドコーチは「今年は日本でラグビーワールドカップが開かれ、来年の東京五輪ではラグビー7人制も種目のひとつ。そんな中、今回日本チームがこのセブンズのワールドシリーズに復帰でき、とてもうれしく思っています。このチームは転戦を重ねるうちに、力も付けてきましたので、ぜひこの週末見に来て応援していただけるとうれしいです」と語った。

(取材・撮影 斉藤光一)

 

副島主将から小学校へ日本代表ジャージをプレゼント

 

藤田選手からゲームの説明を聞く生徒たち

 

ゲームの合間にキックパスをし合う副島主将と生徒

 

腰に付けたリボンテープを取り合うゲーム

 

体育館で質問コーナー

 

健闘を称え合う野口選手と生徒のMIAさん

 

サイン会はどの選手の前も長蛇の列

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/