2017年8月31日 第35号

8月27日、市内バンクーバー仏教会において、「第二回バンクーバー詩吟愛好者交流会(バンクーバー新報主催、大会実行委員会協力)」が行われた。参加した吟士は19 名、ロサンゼルス・ハワイからは3 名が参加した。

 

参加者全員で

 

 交流会は1時より開始され、吟詩の音 おんとろうろう 吐朗朗と流れる吟に、約60 名の観客が聞き入っ た。

 今年はゲストとして日系コミュニティの詩吟界の長老、田並國昭氏と村尾敏夫氏も招待され吟を披露した。また成谷百合子さんとキャッツ幸子さんの琴演奏、アルセビン・リュウゼン・ラモスさんの尺八演奏、音羽流と彩月会による日本舞踊、バンクーバー沖縄太鼓(エイサー大太鼓)やワイレレワイワイ(フラダンス)によるパフォーマンス、そして大勢のボランティアに支えられ、大会は成功裏に終了した。

 同交流会は「詩吟の流派にこだわらず、詩吟愛好者なら誰でも参加でき、詩吟を楽しんでもらう」という主旨のもと行われ、開催は今回で2回目。同会の関係者は「このような会を催すことにより、詩吟に関心を持ってくれる人が増え、発展につながっていけばうれしい限りです」と語った。

(取材 編集部 / 写真 中村みゆき)

 

長老に花束贈呈。(左から)村尾敏夫さん、田並國昭さん、津田佐江子社主、司会の島田國光さん、伊東孝次・大会実行委員長

 

渡辺國賢さん(左)とハワイから参加した徳川秀子さんによる吟と歌「白虎隊」

 

成谷百合子(左)さんとキャッツ幸子さんによる琴演奏

 

アルセビン・リュウゼン・ラモスさんによる尺八演奏

 

音羽流による日本舞踊。音羽雛明さん(右)と西川恵さん

 

バンクーバー沖縄太鼓によるパフォーマンス

 

彩月会による日本舞踊(撮影 柳村美佐子さん)

 

彩月会による日本舞踊

 

ワイレレワイワイによるフラダンス

 

ワイレレワイワイによるフラダンス

 

ワイレレワイワイによるフラダンス

 

ワイレレワイワイによるフラダンス

 

 

今週の主な紙面
9月21日号 第38号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
こだわりのお弁当作り ~お弁当で日本とカナダを表現〜…V-11
メープルロード「VIFF バンクーバー国際映画祭2017日本映画特集」…V-12,13
MOVIES TIME OUT…V-13
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-10

詳しくは9月21日号 第38号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ