2018年7月12日 第28号

 友人でアーティストのマリーナ・パパイスとダン・コレット夫妻から「ハーモニーベルプロジェクト」の話があったのが2017年3月末。そして私達のグループ、この町に住む日系人が集まってミーティングを持ったのは4月のことでした。

 「ハーモニー」と題した作品は、この町に住んだ私たちの身近にいた人達、町の繁栄に力を注いだ人、この町で幸せに過ごした人達をモザイク画のパネルに残したいというものです。

 それぞれ、ヨーロッパからのフロンティアと言われる人達のパネル、先住民のパネル、中国系カナダ人のパネル、そして、日系カナダ人のパネルから構成されるもので、その構想の中には、鐘を取り付けて“幸せのベルを鳴らしてもらおう” という、訪れた人達にも幸せな気持ちで時間を過ごし、この私達の平和への願いを広める場として考えてもらいたいという気持ちが含まれています。

 ここアシュクラフトはモザイクの町と言われ、大小、約100点もの作品が町のあちこちに飾られておりますが、これからもこの数は増えて行くでしょう。

 「カナダはモザイクの国」と言われるように多くの国からの移民者で構成されていますが、その言葉に相応しく、調和の中でお互いを尊重しながら生活しております。私達はこの作者の計画に心から賛同し参加してきました。ミーティングを重ね、そして小さなガラスを一枚一枚貼り付けてつくった作品。大きな時間がかかりましたが、それぞれこの4つのグループが心を込めて作り上げたモザイク画が、今ここに一つになって「ハーモニーベルタワー」となり、6月23日に除幕式が行われました。

 多くの人たちが集まって、幸せな笑顔の中、それぞれのグループが各々が作り上げたモザイクを除幕して大きな鐘の音を響かせました。

 除幕式には国会議員や、この町育ちで現在でも在住のMLA Ms. ジャッキー・テガードをはじめ様々な分野から祝辞をいただき、参加した町民たちにも大きな喜ばしい日となりました。

 皆さんもアシュクラフトに立ち寄って、ゆっくり町の中を散歩しモザイクをお楽しみください。そして是非このハーモニーベルタワーでは、思いを込めて“平和の鐘”を鳴らしてほしいと思います。

(記事提供:金丸寛子さん)

 


Hello! COMMUNITYでは皆さまからのお便りやお写真、お知らせを募集しています。地域の皆さまに紹介したいこと、ちょっとしたニュースなどをお寄せください。カナダ各州からの投稿をお待ちしております!
投稿には、編集部からの連絡が必要なため、氏名・電話番号・お住まいの地域を明記してください。また、匿名を希望される場合はその旨を明記してください。
宛先:This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.
3735 Renfrew St. Vancouver, BC V5M 3L7 

 

 

今週の主な紙面
10月11日号 第41号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
新報独占インタビュー『ここは退屈迎えに来て』の廣木隆一監督と女優の橋本愛さん …V-11
思い切り楽しみたい!バンクーバーのハロウィン…V-11~12
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは10月11日号 第41号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ