2019年2月7日 第6号

手軽に食べられるグラノーラバーは一見ヘルシーに感じますが、栄養成分表をみると意外と糖分や脂肪分が多く、添加物や保存料もふくまれています。今回は簡単に作れるグラノーラバーを紹介します。

 

グラノーラバー

 

材料

  • 押オーツ麦 Large Rolled Oats  2 1/2カップ(625ml)
  • はちみつ  1/3 cup(約80ml)
  • ブラウンシュガー  1/4 cup (約60ml)
  • バター  1/4 cup(約60ml)
  • ひまわりの種やかぼちゃの種のミックス  1/2 cup(125ml)
  • 干クランベリー  1/3cup (約80ml)
  • シナモンパウダー  小さじ1

 

作り方

  1.  オーブンを350度(175℃)に予熱開始。 
  2. ボウルにオーツ麦、シナモン、クランベリーを入れ、軽く混ぜる。 
  3. 小鍋にバター、はちみつ、砂糖を入れ、弱火ですべてとけるまでよく混ぜる。 
  4. ②に③を加え、よく混ぜる。 
  5. パーチメントペーパーを敷いた9インチの四角いケーキ型に④を入れ、ラップを上に敷き、手のひらで平らに押える。(平らにした後のラップは捨てる) 
  6. オーブンの中段に型を入れ、20〜25分焼く。 
  7. オーブンから出し、完全に冷ましてから、好みの大きさに切り分ける。

 

Tips!
・干クランベリーの代わりにレーズンや他の干果物を入れたり、ひまわりやカボチャの種の代わりに荒く刻んだアーモンド等のナッツを入れてもおいしいです。
・適当な大きさに切り分け冷凍しておくと1カ月ほどもち、ハイキング等にもっていくのに便利です。

 


鈴木 公子(すずき きみこ):和歌山県出身。ノースバンクーバーを拠点に旬の野菜、地元の食材を使った和食を発信。母親から本当の家庭料理を学び、ミシュラン一つ星、京都とり料理瀬戸の女将さんから『おもてなしの心』を学ぶ。 Cook Culture及びWell Fed Studioの和食インストラクター。UBC Farmにて和食のワークショップ開催。
www.kimikoskitchen.wordpress.com

 

 

 

今週の主な紙面
12月5日号 第49号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
ウインズクワイア  花は咲く 歌声とともに 人の心の中に……V-2
MOVIES TIME OUT…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
カナダで楽しむ食の世界・42…V-23
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは12月5日号 第49号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ