2020年3月26日 第13号

 「玄関の郵便受けの上に、茶色い袋を置いてるので、食べてね」。

 夕方、娘と散歩から戻ってきて、コンピューターを開けると、最近仲良くなった友人からこんなメッセージが入っていた。友人は、我が家から車で30分ほどのところに住んでいる。それだけに、もしや宛先を間違えたんじゃないかな?と、半信半疑で外に出てみると、本当に茶色い紙袋が郵便受けの上にちょこんとのっていた。袋の中身を開けてみると、おいしそうなフムスやチョコレートボールがたくさん!なんてうれしいサプライズ! 昨日、フムスを作っていて私のことを思い出してくれた、とのことだった。

 夕食前でお腹が空いていた私たちは、「おいしい!」と、丁寧に包まれたお裾分けを食べながら、お腹も心も幸せでいっぱい。そういえば、日本に住んでいた時は、こんな感じで、毎日のように母が近所の人たちとおかずの交換をしたり、私も学校で友人と手作りお菓子の交換をしたなーと懐かしくなった。

 人が作る料理は、自分のレパートリーにないものが多い。それだけに「なるほど、これを隠し味として使うのか」などと新しい発見がよくある。それに加え、相手からの温かい気持ち、愛情がぎっしり詰まっているだけにいつもよりおいしく感じる。そういえば、友達にお裾分けなんてしたの、いつだっただろう。

 現在、首都オタワでは新型コロナウイルス感染拡大阻止に向けて、自主隔離するよう言われている。それが落ち着いてからでも、久々に会うことになる友達に私も何か作ろうと、今月は新しいレシピをいろいろ試してみることにした。

  


■小倉マコ プロフィール
カナダ在住ライター。新聞記者を始め、コミックエッセイ「姑は外国人」(角川書店)で原作も担当。www.makoogura.com

 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。