2019年1月24日 第4号

セクハラ2

 私には、こんなエピソードがある。私がダダさんとの結婚をした時、九州の叔父に電話でこんなことを言われた。「お前はサムライの家系の日本の女だから、誇りをもって嫁に行け。夫のいうことに服従しなさい」私は「はい、わかりました」と答えた。

 私は、実をいうと昔よくダダさんに、「日本人の男は信じられない」と言っていた。どうしてかというと、幼いころに男子生徒によくからかわれた経験、セクハラ、痴漢体験、風俗店の氾濫…私はずっとネガティブなイメージを日本人男性に抱えていたから。でも今はもう違う。世の中には素敵で、女性を大事にし、やさしい日本人男性も山ほどいる。日本だけじゃなくてカナダにだって誠実でない男性はたくさんいる。私は自分の心の傷をずっと引きずって、“日本人男性は誠実でない”という偏った事実に固執してた。で、それにやっとはっきり気づいた。これは私にとって、大きなブレイクスルーだった。だって私はこの時点から、もう嫌な思いをした犠牲者から解放されたんだから。私の視点が180度ひっくり返って、今まで忌まわしいと思っていたことが、幸いと思えるようなポジティブな視点で、私の過去を見ることができるようになった。それは、こんな感じ。気持ちの悪い痴漢に何回もあったり、エロおやじのセクハラを何回も経験して、すごく不愉快だった。しかも、いわゆるかわいい女性、色白で痩せている女性からことごとくかけ離れたあの頃の私は、日本にいることが不快で、自分の価値が見いだせなかった。だからカナダに行って、何かを変えたいという気持ちになった。もし私が日本で勝ち組で、イケメン高収入の男性と結婚などしていたら、私はカナダに行かなかっただろう。日本で不誠実な男性をたまたまいっぱい見てきたから、ダダさんに会ったときに、すぐに彼の誠実な愛に気づいた。そしてダダさんに出会ったおかげで、自分の本当の能力を取り戻し、こんな記事を今書いて、人のために生きたいという強い人生の目的を見つけることができた。私は本当に幸せだ。今の自分がここにいるのは、いろいろな意地悪、不快なことを言ってくれた人たちのおかげ。私はこうして、考え方を思いっきりシフトさせて、幸せ人間に大変身した。

 私の考え方がこんな風に変わるきっかけになったのが、感謝の瞑想。最初の頃は、朝、このルーティーンをしていただけだったけど、今では四六時中、いろんなことに感謝しまくりの私。本当にポジティブで、ハッピー人間になることができた。

1.朝目覚めたら、起きる前に布団の中で数分の感謝の瞑想をする。まず自分の人生で感謝できる2、3のことを考えて、それに対して感謝の念を送る。それから、あなたをいつも支え、助けてくれている2、3の人のことを考え、感謝の念を送る。

2.同じく嫌いなもの、嫌な人のことを考え、その人達と物事がポジティブな方向にいくように心からお祈りをする。

3.今までに起こった不幸や、嫌な人達のことを客観的に観察する。その後、その事柄、人達に対して、ポジティブなこと、いわゆる不幸中の幸い、その事柄からのあなたが学べるレッスンは何なのか考えて、そんな学びを与えられたことに感謝する。

4.最後に、あなたの先祖、あなたが信じる神様に感謝をする。

 あなたが、もし今、超ネガティブのドツボにはまっていて、全然ポジティブなことが考え付かない場合は、まず、シンプルなところから感謝をすること。例えば、目が見える、食べるご飯がある、歩けるとか。まずは始めて、続けていくときっと何かが変わっていくから。私を信じて!

 


作者プロフィール ドナルド涼子

BCRPA Supervisor of Group fitness & Yoga ,Personal trainer, Older Adult, 200H Yoga Teacher

47歳、愛知県出身、1999年に結婚を機にカナダに移住、34歳の時にフィットネスインストラクターの道に進むとすぐ、女性に人気のカリスマインストラクターへ成長する。2016年ベストインストラクター賞を受賞。43歳の時に、アマチュアボディービルのビキニコンペティションを趣味として始め、地区、州大会にて優勝、上位入賞経験あり、現在次の全国大会に向けてトレーニング中。また、フィットネスプロフェッショナルへの講習活動、地域の学校でのヨガ、フィットネス指導、老略男女問わず、心と体の健康と幸せの為の活動を行っています。また、近年マスメディアにも出演、読売テレビ、グッと地球便、Nikkei TV Chipapa など。こんな肩書を持つ私ですが、若かった頃は、性格ブス、デブ、ネガティブ、ずっと自分の事が大嫌いだった。そんな私には、運命を変えてくれる主人との出会いがカナダで待っていた。出会った瞬間にビビット来て、この人と結婚するってわかった私は、出会って1週間後に彼の実家に転がり込んだ?!そして、結婚、異国の地で2児の母になる。気が付けば20年、今の私は心から幸せ、自分大好き。私がどうやって幸せをつかんだのか、私の経験をお話ししながら皆さんに伝えたいと思います。私の目的はただ一つ、あなたにも“幸せ“になってもらう事。 パーソナル、グループトレーニングやヨガのご質問は、This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it. 604-889-4729 まで、または Instagram : befitfirmfab 、 facebook : Ryoko Donald

 

 

 

 

今週の主な紙面
8月22日号 第34号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
リンダ・オオハマ映画監督による演劇 「From the Inland Sea」…V-12~13
オタワ便り…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5
$5クッキング…V-23

詳しくは8月22日号 第34号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ