2018年6月21日 第25号

 

前回は“Throwback Thursday”について触れたが、“throw”(投げる)という言葉には、その他日ごろ使う言葉としての使い道がたくさんあるので、ここで紹介しておきたい。

◆Throw back 懐かしいもの
That song is a throw back from the 90’s! 「その曲は90年代の懐メロだね!」

◆Throw up もどす(吐く)
I must have eaten something bad. I was throwing up so much last night. 「何か悪いものでも食ったに違いない。昨日の夜は吐きまくりだった」

◆Throw out 投げ捨てる
Are you throwing out your old clothes? 「古着は捨てるつもりなの?」
“throw out” は「追い出す」「追放する」という意味にもなる。
The parents decided to throw him out of the house. 「両親は彼を家から追い出すことにした」

◆Throw a party パーティーをする
My parents threw a party for me last week for my graduation. 「わたしの両親は卒業したお祝いにパーティーをしてくれた」

◆Throw me off  困惑させる、狼狽させる
The question he asked me totally threw me off and I didn’t know what to say on the spot. 「彼の質問のせいで完全にあたふたしてしまって、とっさになんて言っていいのかわからなかった」

◆Throw away 捨て去る、無駄にする
Don’t throw your life away. 「自分の命を無駄にしてはいけない」
The team threw away an opportunity to tie the game. 「チームはゲームを同点にするチャンスをみすみす逃してしまった」

 簡単そうに見えて、なかなか慣れるまでは使いこなすことのできない表現、言葉自体は簡単なので、ぜひ覚えて活用していただきたい。 

(文・イラスト 亀谷長政)

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。