2018年5月10日 第19号

 ブリティッシュ・コロンビア州内陸部では、気温の上昇による雪解けが急速に進み、一部の地域で洪水被害が出ている。

 オカナガン湖西岸のサマーランド地域のフォウルダーとミドウバレーでは、5日までに60世帯に対し避難警告が出されたほか、南オカナガン・シミルカミーンの400世帯以上に対し洪水に警戒するよう勧告が出され、33世帯が避難した。

 これら地域の上流にあるダーク湖は満水状態となっているが、地域からオカナガン湖に流れ出す下流の渓谷のキャパシティは、増加した水量を流せるほど大きくない。

 同地域は非常事態を宣言、住民らは土のうを敷地の周りに積み上げるなどして、水位上昇に対処している。しかし専門家によると、春の気温上昇がさらに雪解けを加速させるため、洪水が収まるまでには時間がかかり、その前にはさらなる水位上昇の危険性があるという。

 また同地域から100キロほど北西のローワー・ニコラ・バレーでも被害が拡大している。同地域の中心、メリットの近郊では50世帯以上に避難命令が出されたほか、ニコラ・キャンフォード小学校は7日、休校となった。

 そのほか、フレーザー川沿いの町リットンの北側で運行されている、フレーザー川を渡るリットン・フェリーも川の水位の上昇のため運休となった。

 

 

今週の主な紙面
5月24日号 第21号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
オタワ便り~小倉マコのこんな毎日~ その31…V-15
5ドルクッキング…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは5月24日号 第21号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ