2017年5月11日 第19号

 ハルジット・サージャン国防相の発言をめぐって、休会明けの国会で野党の厳しい追及が続いた。

 発端は4月18日、インドのニューデリーで開催された平和構築のための会議に出席したサージャン国防相が、自身のカナダ軍所属時代の役割について誇張発言したことだった。

 国防相は元カナダ軍兵士で、アフガニスタンに3回、ボスニアに1回派遣されている。カナダは2006年、アフガニスタンで、アメリカ軍、アフガニスタン軍と共にメデューサ作戦と名付けた1400人のタリバン兵一掃作戦を行った。当時のNATO(北大西洋条約機構)軍としては最大規模の作戦で、タリバン兵550人が死亡、作戦は成功したと認識されている。

 当時軍に所属していたサージャン国防相は、この作戦に参加。今回の会議で、この時の自身の役割を作戦の「設計者」と表現して紹介した。しかし実際には重要な任務を任されてはいたが、「作戦設計者」ではなかったことが判明。これを指摘され、サージャン国防相は謝罪したが、野党は執拗に追及している。

 1日の国会では保守党ローナ・アンブローズ暫定党首が国防相の発言を「武勇の横取り」と非難。カナダ軍兵士と国民の信頼を失墜させたとして、ジャスティン・トルドー首相に国防相を解任するよう要求した。

 しかしトルドー首相は、「国民は我々が間違ったことをした場合は間違いを認め、謝罪することを求めている」と述べ、今回の国防相と自民党の対応は、それを実践したものだったし、だからこそ私は国防相を信用していると反論した。

 しかし野党は、この件から一歩も引く様子はない。新民主党(NDP)トム・マルケア党首も謝罪だけでは不十分と批判した。1週間が経った週明け8日には、保守党は同国防相に対する動議を提出。しかし自由党多数で否決される見通し。

 国防省幹部は、この件について、サージャン国防相の謝罪で決着したとの認識を示している。

 

 

 

今週の主な紙面
7月20日号 第29号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
ピアニスト・ジェイミー・パーカーが音楽祭『サマー・ミュージック・バンクーバー』で演奏…V-2
認知症と二人三脚…V-3
気持ち英(え~)会話…V-4
企友会・日加商工会議所ゴルフ大会…V-4
20周年を迎えたウエストポイントグレイ日本語クラス…V-16
ヨガと健康…V-22
帝国ホテルで学んだ無限リピート接客術…V-25
The Nations Cup 2017 日系代表チームが初出場!…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは7月20日号 第29号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ