2017年3月16日 第11号

 アメリカ国土安全保障省ジョン・ケリー長官が10日、オタワを訪問した。トランプ政権閣僚がカナダを訪問するのは、これが初めて。

 会談したラルフ・グッデイル公安相は、国境警備問題、アメリカからの亡命希望者の増加、カナダ人のアメリカ入国拒否など、多岐にわたって話し合ったとテレビインタビューで語った。

 アメリカとの国境問題は、警備や移民問題だけではない。人や物の円滑な流れが、経済活動に大きく影響することから、クリスティア・フリーランド外相や、アームド・ハッセン移民相、その他関係する閣僚もケリー長官と会談した、とグッデイル公安相が語った。

 CBCテレビに出演したケリー長官は、カナダ人旅行者が国境で入国を拒否されたのには、それなりの理由があるとし、詳細はプライバシーにかかわるので明かされないと語った。また、カナダがマリファナを合法化する動きがあることについて懸念があるかとの問いには、アメリカでも、すでにいくつかの州では合法化されており特に懸念はない、ただ国境を越える時は「ポケットの中ももう一度チェックするように」と語った。

 一方で、他局で出演した時の発言が波紋を呼んでいる。航空会社へのテロ攻撃の可能性を示唆し、アメリカのユナイテッドや、カナダのエアカナダが標的になっているかのような発言をした。

 これに対し、エアカナダは同社がテロ攻撃の対象となった事実はないと否定。グッデイル公安相も、長官は一般論を言っただけで、現実的に特定の航空会社が標的となっていると言ったわけでない、と説明した。そういったことがあれば、カナダ政府として対応する、自分が公安相に就任して、そういう事実はないと語った。

 

 

 

今週の主な紙面
4月20日号 第16号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
ヴァイオリニスト、カレン五明さん…V-2
絆~Kizuna カナダツアー……V-4
気持ち英会話…V-5
和食のテーブルマナー…V-12
BC日系二世カーリングトーナメント…V-12~13
7人制ラグビー日本代表総監督・岩渕健輔氏に聞く…V-16
ヨガと健康…V-22
認知症と二人三脚…V-23
テキトー母さんの処方箋…V-26
この人にフォーカス 公邸料理人・大谷拓也シェフ…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは4月20日号 第16号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ