あの懐かしいローラーダービーが登場!

 

映画監督でもある素敵なトレンブレー選手

 

 クエア映画祭の一番の見所はローラーゲーム。昭和時代にアメリカで大ブレイクし、 日本でも東京ボンバーズチーム、エースの佐々木ヨーコらは注目を浴び、土井まさるが 実況中継解説をするなど熱狂的な時代があった。特に対アメリカ戦では突き飛ばしたり、 反則して髪を引っ張ったり、まるでリングで戦う女子プロレスのようだった。時は経ったが、 バンクーバーにも立派なローラー・チームが実在していることは案外知られていない。

 8月15日夜、バンクーバーのTerminal City Roller girls を一目見ようとサイモン・ フレーザー大学に続々と人が集まった。スタイル抜群で一際目立つSuzi Smokeshow (Jessie Wilson) 選手は「小さい頃からローラーをやっていて大好き。数カ月前にバンクー バーへ来たばかり」と笑顔で答えてくれた。ローラー歴史のあるカルガリー出身のプロ である。またアメリカ・ボストンの現役選手で、映画『In The Turn』の監督、Erica Tremblay 選手もこの日、応援に駆けつけた。

 ジャンプ、止まり方、安全なこけ方などローラー技術の他に、体当たりで相手チームの ブロックを突破するデモなど、すごい迫力で周りを魅了した。

(取材 ジェナ・パーク)

 

 

今週の主な紙面
4月27日号 第17号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
$5クッキング…V-2
老婆のひとりごと…V-3
認知症と二人三脚…V-4
外から見る日本語…V-5
「これで貴方もワイン通?」岡井知明氏講演会…V-16
できていますか?緊急時への対策…V-17
オタワ便り…V-20
SAORIのワンポイントコーディネート術…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは4月27日号 第17号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ