Men In Black: International • Shaft • Late Night


 

Men In Black: International

ヘムズワース(右)とトンプソン 2019 ©Sony Pictures

 

昔なじみのSFアクションコメディー

監督はF・ゲイリー・グレイ、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮で、主演はクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソン。舞台はエイリアンから地球を守る最高機密機関『MIB』のロンドン支局。エージェントH(ヘムズワース)は新人エージェントM(トンプソン)と組んで、MIB内部に潜むスパイとエイリアンを相手に闘う。人気だった1997年の1作目から22年経過しているが、過去の作品を知らなくても楽しめる内容になっている。アジア、特に中国系女性に人気のあるヘムズワースが、アジア各地でプロモーションツアーをした作品。

PG 1:54 hr

上映:Scotiabank Theatre, Fifth Avenue Cinemas (19+), Cineplex Cinemas Marine Gateway & VIP, Cineplex Cinemas Park Royal & VIP, Cineplex Cinemas Metropolis, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Coquitlam & VIP, Cineplex Cinemas Langley

 


 

Shaft 

中央が父親役のジャクソン 2019 ©Warner Bros. Pictures

 

シャフト・ファン必見の親子三代アクション映画 

ニューヨーク市のJJことジョン・シャフトJr(ジェシー・T・ユーシャー)は、MITを卒業した超エリートのFBIエージェント。だが自分の親友が謎の死を遂げると捜査に行き詰まり、実父のジョン・シャフトIIこと2代目(サミュエル・L・ジャクソン)の知恵を借りようとする。はりきる父と息子は夜のハーレム街に乗り込むがさらにピンチ。ついにとっくに引退している伝説の祖父ジョン・シャフト(リチャード・ラウンドトゥリー)に最後の助けを求める。近年テクノロジーの発展で、驚くほど不器用になってきている若者たちを見ながらイライラする熟年層が頷きたくなるような作品。監督はティム・ストーリー。

14A 1:51 hr

上映:Cineplex Odeon International Village, Cineplex Odeon Park & Tilford, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Coquitlam & VIP, Cineplex Cinemas Langley

 


 

Late Night

主役のエマ・トンプソン 2019 ©Amazon Studios

 

世代の違う女性のチームワーク  

監督はニーシャ・ガナトラで主演はエマ・トンプソン。キャサリン・ニューブリー(トンプソン)は、深夜のトークショー番組の司会で有名。長い間、男性部下たちを鼻であしらっていた。だが最近番組の支持率が急落したため、初めて女性スタッフ・モリー(ミンディ・カリング)をライターとして起用する。男性だけでなく女性も雇用するという番組のイメージアップが目的だったが、モリーは番組復活のために必死で知恵をしぼる。降板したくないキャサリンは渋々とモリーのアイデアを採用するが、それが予期せぬ事態を引き起こす…。今年のサンダンス国際映画祭でプレミアした作品。

PG 1:42 hr

上映:Cineplex Odeon International Village, Cineplex Odeon Park & Tilford, The Park Theatre, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Coquitlam & VIP, Cineplex Cinemas Langley

(文 ジェナ・パーク)

 

映画 年齢制限
PG 保護者の同伴が望ましい。
PG-13 13歳未満は保護者の 注意や指導が望ましい。
14A 14歳以下は保護者の 同伴が必要。
18A 18歳以下は保護者の 同伴が必要。
19+ 19歳以上のみ。
G 制限なし。 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。