How To Train Your Dragon:The Hidden World • Fighting With My Family • Never Look Away


 

How To Train Your Dragon:The Hidden World

バイキングのヒック(右)2019 ©Paramount Pictures

 

人間とドラゴンの友情アニメ

イギリスの同名児童文学が原作で、アメリカによる3Dアニメ映画。日本語のタイトルは『ヒックとドラゴン』。監督はディーン・デュボアとクリス・サンダース。舞台は北の海に浮かぶバーク島に住むバイキング一族。鍛冶屋の少年ヒック(声:ジェイ・バルチェル)は立派なバイキングになることを夢みていたが、変わり者で父のストイック(声:ジェラルド・バトラー)を悩ませていた。ある日ヒックはドラゴン襲来の後、最も危険といわれるナイト・フューリーを発見する。だが傷を負って飛べなくなったドラゴンを殺すことができない。徐々にフューリーと仲良くなったヒックは、ドラゴンを敵視する父や家族の気持ちを変えようと試みる。

PG 1:44 hr

上映:Cineplex Odeon International Village, Cineplex Cinemas Esplanade, Cineplex Cinemas Marine Gateway & VIP, Cineplex Odeon Park & Tilford, Cineplex Cinemas Metropolis, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Coquitlam & VIP, Cineplex Cinemas Langley, Landmark Cinemas New Westminster

 


 

Fighting With My Family 

ピュー(右)とロウデン 2019 ©WWE Studios

 

プロレスがテーマのスポーツ・コメディ・ドラマ 

WWE(アメリカのプロレス団体)のペイジこと元プロレスラーのサラヤ・ジェイド・ベヴィスのキャリアを描いたもの。先月サンダンス国際映画祭でプレミアしたばかりの新作で、監督はスティーヴン・マーチャント。父リッキーも母ジュリアも元プロレスラーというプロレス一家に育ったペイジ(フローレンス・ピュー)は、2014年にWWE・ディーヴァス王座で優勝する。兄のザック(ジャック・ロウデン)と一緒にプロレス界を目指してオーディションに挑戦するが、スーパースターになるためには予想外の苦労を強いられると悟る…。

PG 1:40 hr

上映:Scotiabank Theatre, Cineplex Cinemas Esplanade, Cineplex Cinemas Marine Gateway & VIP, Cineplex Odeon Park & Tilford, Cineplex Cinemas Metropolis, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Coquitlam & VIP, Cineplex Cinemas Langley, Landmark Cinemas New Westminster

 


 

Never Look Away

主役のトム・シリング 2019 ©Star PR/Mongrel Media

 

画家の歴史と芸術を描いた美しいドラマ 

ヴェニス国際映画祭で好評を得て、今年のアカデミー賞にノミネートされたドラマ映画。生存する重要な人気画家で、世界中で知られているドイツのゲルハルト・リヒターの実話が基になっている。監督はフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクで、主演はトム・シリング。東ドイツの美術学生カート・バーナート(シリング)は、ナチスに反対した父や変わり者で収容所に送られた叔母の運命に翻弄されながら育った。叔母に似た同級生のエリー(ポーラ・ビーア)と恋に落ちるが、彼女の父親で教授のカール・シーバンド(セバスチャン・コッホ)から反対される。実力派俳優が演じるそれぞれの過去・運命と、どんな時でも現実から目をそらさない芸術の在り方を認識させられる。

14A 3:08 hr

上映: Cineplex Odeon International Village

(文 ジェナ・パーク)

 

映画 年齢制限
PG 保護者の同伴が望ましい。
PG-13 13歳未満は保護者の 注意や指導が望ましい。
14A 14歳以下は保護者の 同伴が必要。
18A 18歳以下は保護者の 同伴が必要。
19+ 19歳以上のみ。
G 制限なし。 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。