HISカナダ

長崎ハウステンボス他(日本)

日程

日本滞在10泊のうち、前半は長崎のハウステンボス、嬉野温泉、グラバー邸などの見所をレンタカーで廻ります。後半はその他ご希望の日本の各地でお過ごし頂けます。

お薦めポイント

日本国内線が1万円から利用できるお得な航空券を利用し、国内旅行を安く楽しむのがお薦め!坂本龍馬ゆかりの地、長崎グラバー邸などで日本の歴史を感じつつ新感覚テーマパーク、ハウステンボスで癒しと芸術を体感。


IACEトラベル

セントジョンズ(ノバスコシア州)

日程

ジョンソン・ジオセンター、タイタニック館、シグナルヒル、カボットタワー、コートヤード、マソニック・テンプルをめぐる約4時間半のツアー。

お薦めポイント

2011年はタイタニック豪華客船完成より100周年となります。そんなタイタニックの歴史を学びながらセントジョンズの観光を楽しむことができます。地球上で最古に属する地質や珍しい化石を見るなど、歴史ある土地ならでは見所がたくさん。


JTBインターナショナル(カナダ)、J-Stationバンクーバー

ウィスラー(BC州)

日程

手ぶらでウィスラーとくとくプラン。午前6時にダウンタウンを出発し、ウィスラーでは現地係員がご案内。午後6時半ごろダウンタウンに戻ります。

お薦めポイント

基本の往復パス+リフト券の他に、ギアレンタル、ウェアレンタルのプランもあるのでまさに「手ぶら」で参加できます。日本語スキーガイドが現地でお迎えし、J-STATIONウィスラーのサービスもご利用可能です。お荷物の無料お預かり、簡易更衣室、休憩所もあります。


ケントトラベル

シアトルマリナーズ観戦ツアー

日程

日帰りツアーの場合、観戦、シアトル観光、アウトレットショッピング。1泊2日で2試合観戦ツアーもあります。

お薦めポイント

4万7千人収容のセーフコ球場でイチロー選手の華麗なプレイの姿が目の前で見られる席で堪能しましょう!夢と感動が胸に刻まれることでしょう。観戦チケットのみの販売、ケントトラベルのみが確保しているバックネット裏の特別席もあります。


ノーザンライトトラベル

イエローナイフ(ノースウエスト準州)

日程

イエローナイフに2泊か3泊のコースがあり、いずれも毎晩10時からオーロラ鑑賞ツアーがあります。

お薦めポイント

このツアーの最大の魅力はオーロラ鑑賞率が過去10年間にわたり90%以上と高いことです。また、日中の犬ぞりツアーとレンタル防寒具セット、税金が含まれており大変お得です。英語ガイドなので日本人以外のお友達も誘ってぜひご参加を。オーロラに出会えるのは冬だけではありません。春のオーロラの美しさも格別できっと生涯忘れられない旅になることでしょう。


ナビツアー

ラスベガス(アメリカ)

日程

バンクーバーからラスベガスは直行便で約2時間半。到着後はフリータイムですので、豪華ショーやグランドキャニオン観光などでお楽しみください。

お薦めポイント

一年中楽しめ、気軽に行けるラスベガス。カジノ、ゴルフ、大自然、フード、ショッピングなど、お子様から年配の方まで老若男女問わず楽しめるアクティビティがいっぱいです。


OKツアー

アメリカ西部

日程

ラスベガス、グランドキャニオン、ロサンゼルス、アナハイム、サンディエゴ、サンフランシスコを巡る7泊8日の旅。

お薦めポイント

ディズニーランドやサンディエゴのシーワールドなどを楽しむオプショナルツアーがある他、有名な観光地を巡る盛り沢山で豪華な旅をお楽しみ下さい。


スカイランド・エスケープス・トラベル

ロンドン(イギリス)

日程

7泊8日のパッケージツアーの場合、往復旅行券と空港からホテルまでの送迎、宿泊代が含まれます。オプショナルツアーと自由行動でお楽しみいただけます。

お薦めポイント

2011年にはウィリアム王子の結婚、2012年にはオリンピック開催と今、熱いロンドン!BC州ととてもゆかりのある地です。テムズ川沿いを歩けばそこかしこでこれかっ!と声が出てしまうような建物を目にします。5~6月は気候もよくなり料金も抑え目なのでお薦めです。忙しくなる2012年より一足先にロンドンを楽しんでみては?


タイムズ・スクエア・トラベル

バハマ

日程

のんびり7日間ホテルに滞在。日帰りで他のバハマ諸島へもいけます。秘境の地を訪れてみるのも楽しいですね。

お薦めポイント

ホテル自体が巨大アミューズメントパークのよう。カップルからご家族まで皆さんがお楽しみになれます。お食事にはバハマ名物のコンク貝にぜひトライしてみてください!

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。