2019年1月31日 第5号

1月24日、建友会の新年会が、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーの隣組オフィスを会場にして開催された。建友会創立7年目に当たり、会長以下、役員も一新し、2019年を新たなステージに押し上げようと新年会で気勢を上げた。新会長の青山宜雄さんの「いろいろな企画もご用意しておりますので、お時間の許す限りごゆっくりお楽しみください」という開会の挨拶で、2019年の新年会がスタート。

 

食事中も話は尽きない

 

明るい展望もある2019年

 羽鳥隆在バンクーバー日本国総領事の祝辞のなかで「カナダBC州のジョン・ホーガン州首相や、キャロル・ジェームス財務大臣にお会いしたとき、『日加での経済分野での協力を拡大したい。BC州としても貿易面でも多角化していきたい』と語っていた。多分、これは中国との関係の影響だと思いますが、思った以上に期待できると思います。ビジネスチャンスも、これまで以上に巡ってくるでしょう。建友会の皆さんの建築分野にも日加経済の活性化が良い影響をもたらすと思います」と、明るい展望を語ってくれた。また、バンクーバー日系ガーデナーズ協会会長の岡田伸平さんは、「建築とガーデンは、切っても切れない兄弟のようなものです。私たちの協会は創立60年を迎えますが、建友会は7年、歳の離れた弟のようなものですから、私たちも精一杯応援し、また二人三脚で頑張っていきたいと思います」と、あたたかなエールを贈っていた。

 

日系コミュニティのさまざまな団体の代表者が参加。
建友会メンバーとの膝を交えた情報交換、そしてお楽しみ企画で2時間半を過ごした

 建友会メンバーの勉強熱心さは新年会でも変わらず、この時とばかりに情報交換が食事の間も行われていた。「最新の建材の情報やその工法」「現場は同時にどれぐらいの数を進めておられますか?」 「木材の高層建築への導入が積極的だ」 「日本でも戦後植林の木の伐採時期にあり、高層建築への木材導入が始まったようです」「グレーターバンクーバーでの高層建築がまだまだ増えるようですね」など、自身の業界に直接、間接の話に盛り上がっていた。

 テレビの『100人に聞きました』風のクイズ企画もまた大いに盛り上がった。その内容もちょっと知的で、いかにも建友会ならでは、といったところ。

 

 今年も建友会セミナーは一般対象、メンバー対象ともに企画されているが、長期的な視野にもとづき、環境、安心安全の建築、快適住空間づくりなど、建築分野に限らず関連分野をも包括した内容を企画しているようだ。それは、即、役立つこともあれば、知識として吸収しておくことで視野を広げる啓蒙的内容もある。

 最後の閉会のあいさつは、新副会長の穴澤龍哉さんが「日本のある建築関係の人から、日系人中心の建築関連の団体があるのは世界的に見ても非常に珍しいと聞き、より一層、この建友会の内容充実とともに継続していけるようがんばりたいと思います」と、決意を述べて閉会した。

(取材 笹川守)

 

 

新年のあいさつをする建友会新会長の青山宜雄さん

 

羽鳥隆在バンクーバー日本国総領事

 

バンクーバー日系ガーデナーズ協会 会長の岡田伸平さん

 

 

今週の主な紙面
4月18日号 第16号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
サンラン グラッドストーン日本語学園…V-2
VAM ジョン・キムラ・パーカーとイアン・パーカーが共演…V-2
ヨガと健康…V-10
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは4月18日号 第16号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ