2017年6月15日 第24号

 飲食店で、広い席と狭い席が空いていたら、ゆったりと広い方に座りたいと思うのは、ごく自然な心理ではないでしょうか。

 日本でも先日、とあるレストランで好きな席に座ろうとしていたお客様に、「こちらの席でお願いします」と、お客様の表情から、明らかに意に反する席を指定されていました。このような場面は度々見かけます。

 バンクーバーで、あるラーメン屋さんに入ったときのことです。

 オープン直後で約6 組のお客様がいました。席が4 名席と2 名席のふたテーブルが空いていました。私達は2名ですので、当然2 名席に座ればいいのですが、4 名席を指して、「こちらの席でもいいですか?」と聞きました。するとアルバイトらしき店員さんが、厨房にいた責任者に目配せをして答えを促しています。責任者は首を横に振り、私達は2 名席に座らせられました。その後面白いことに、私たちのあとも、その次もお客様は2 名ずつでした。そのため「外でお待ちください」とのこと。2 名席が空くまでだと思い、外の方が気の毒に思いました。

 このような場面を見るたび、私はこう思います。「好きな席に座らせてあげれば、気持ちがいいのに」、「予約席の札を活用して回避策もできるのに」、「目配せをするより、事前に打ち合わせをしておけばいいのに」。  お客様を失う瞬間は、案外些細な出来事からおきてしまうものです。

 『たかが1回、たかが一人、たかが席くらい』と安易な考え方をするのは逆にもったいない話です。飲食店にとっては大したことではないかもしれませんが、お客様にとっては負の記憶として後々まで残ってしまいます。すると、折角その飲食店に誘われてもその人が渋ってしまいます。こうして他の飲食店に行ってしまうのです。

 もちろんお店にとっては、効率よく回転させたいと願うのは当然のこと。しかし、それをあえてお客様を優位にすることが、後々リピーターを醸成していくことに繋がっていきます。

 私の現場時代の『お席のご案内』のエピソードをご紹介します。

 ある時、2名のリピーターのお客様が来店されました。ご案内したテーブルは最後のひとテーブルで、2名席×2名席に分離ができる4名席でした。そのリピーターのお客様は、いつもお店が混んでいることをご存知で、逆に私に気遣いをしてくれて「すぐお客様が来るかもしれないから、テーブルを離しておいていいですよ」と、うれしいことを仰ってくださいました。この一言から、『私たちお店側に、気配りをしてくださる有り難いお客様もいるものだ、やはりお客さま優位な接遇は、いつか必ず伝わるものだ』と、実感した瞬間でした。私は「まだ時間も早いですから大丈夫です。広い方がゆっくりできますから、どうぞ、このままお使いください」と申しあげました。その後、そのテーブルを見ると、もし2名席だったらテーブルに乗り切らないほどのオーダーをしていました。

 『やっぱりテーブルを離さないで正解だった!』オーダー数が、いつもより増えていたことが、『お客様からお返し』をいただいたように感じました。

 


著書紹介
2012年光文社より刊行。「帝国ホテルで学んだ無限リピート接客術」一瞬の出会いを永遠に変える魔法の7か条。アマゾンで接客部門2位となる。
お客様の心の声をいち早く聞き取り要望に応えリピーターになりたくさせる術を公開。小さな一手間がお客様の心を動かす。ビジネスだけでなくプライベートシーンでも役立つ本と好評。〜$18にて販売中〜

セミナー紹介
2016 年9月よりお箸の持ち方、「5つの箸使い、割り箸の4つの所作を教えます」のセミナーを開始。毎週木曜1時間。1時〜と5時半〜(全4回)。1回$30(割引:4回分一括前納は$80)それ以外の時間でも可。連続での受講も可。修了証を差し上げます。 申し込み方法はThis email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it. まで。

 

 

福本衣李子 (ふくもと・えりこ)プロフィール
青森県八戸市出身。接客コンサルタント。1978年帝国ホテルに入社。客室、レストラン、ルームサービスを経験。1983年結婚退職。1998年帝国ホテル子会社インペリアルエンタープライズ入社。関連会社の和食店女将となる。2005年スタッフ教育の会社『オフィスRan』を起業。2008年より(社)日本ホテル・レストラン技能協会にて日本料理、西洋料理、中国料理、テーブルマナー講師認定。FBO協会にて利き酒師認定。

 

 

今週の主な紙面
7月27日号 第30号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
$5クッキング…V-2
カナダで出会った「新渡戸稲造」≪その知られざる魅力≫…V-4
バンクーバー・ホワイトキャップス…V-6
老婆のひとりごと…V-17
認知症と二人三脚…V-20
オタワ便り…V-22
Saoriのワンポイントコーディネート術…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは7月27日号 第30号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ