2019年7月4日 第27号

基本のトマトソースがあれば、パスタやピザ、チリが簡単にできちゃいます。私は分量を2倍にして冷凍しておきますが、いざという時もとても便利です。ハーブをミントやオレガノにかえたり、ミックスするとまた新しい味が楽しめます。

 

基本のトマトソース

 

材料 

  • たまねぎ 中1/2個 (みじん切り)
  • にんにく 2かけ (みじん切り)
  • トマト缶 (Crushed) 一缶 (796ml)
  • メイプルシロップ 大さじ1/2
  • バルサミコ酢  大さじ1/2
  • 塩、こしょう 適量
  • フレッシュバジル 10枚ほど
  • オリーブオイル 適量

 

作り方

  1. 中くらいの鍋にオリーブオイルをひき、みじん切りした玉ねぎとにんにくを 加え透明になるまで炒める。 
  2. ①にトマト缶、メイプルシロップ、バルサミコ酢、塩コショウ、手で小さく ちぎったバジルを加え弱火で45分くらい煮込む。途中ソースをかき混ぜ 大きい塊のトマトは木べらかスプーンなどでつぶす。 
  3. 味見をし塩コショウで味を調整する。

 

Tips!
・茹でたパスタにトマトソースを加え、パルメザンチーズをかけ、フレッシュバジルを載せるだけで簡単ランチ、ディナーの完成です。
・大きな庭がなくても植木鉢にハーブを植えてベランダに置いておくとサラダに加えたり、サラダドレッシングを作ったりと活用できますよ!

 


鈴木 公子(すずき きみこ):和歌山県出身。ノースバンクーバーを拠点に旬の野菜、地元の食材を使った和食を発信。母親から本当の家庭料理を学び、ミシュラン一つ星、京都とり料理瀬戸の女将さんから『おもてなしの心』を学ぶ。 Cook Culture及びWell Fed Studioの和食インストラクター。UBC Farmにて和食のワークショップ開催。
www.kimikoskitchen.wordpress.com

 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/