2020年3月12日 第11号

パウエルリバーへの旅行と孫の発表  先日パウエルリバーの町に行って来ました。鯨がハイウェイのすぐそばの海で飛び跳ねていてびっくり。なんでも餌になるニシンを追って来たそうで、運がいいと鯨の鳴き声もきこえるそうです。大きなイーグルが空を舞い、透き通る海辺の水際にはあざらしがゆうゆうと泳いでいました。海に突き出た大きなmillの煙突が町のシンボル。かつてはアメリカの新聞社から紙の依頼があり、北米では有名で今では500人くらい働いているとか。フィッシングライセンスを買って大きな牡蠣やあさりを取りました。秋にはマツタケも取れ、ハイキングコースもたくさんあるようです。ホースシューベイからフェリーに乗ってギブソンの町へ、そしてシーシェルの街を過ぎ1時間半のドライブ。そして二回目のフェリーに乗ってパウエルリバーの町へ、バンクーバーから6時間半、飛行機だと30分です。

 孫の8歳になる真弓ちゃんの詩の発表会がありました。76th Annual Festival of the Performing Arts in Powell Riverという大会です。真弓ちゃんは、Speech Artsの部門で賞をいただきました。 タイトルは「Love」。

Love is always important It never is left out. Show kindness and honesty. And you will be happy.  Not to love you. But definitely not to hit. Maybe I will give you a little hint.   Love

(文・宮岡)

8歳、6歳、2歳の孫とおじいちゃん

 

 

 


<寄稿・投稿のお願い>
 本紙では、読者の皆様からのご投稿をお待ちしております。投稿欄は個人の意見を自由に述べていただくということを原則としていますが、文中、特定される個人、人種などを挙げて誹謗中傷している場合は編集部で削除させていただきます。投稿内容についてバンクーバー新報では事実確認はしておりません。また投稿内容は、バンクーバー新報の意見を反映するものではありません。オープンスペースとしてお気軽に使っていただきたいと思います。紙面の都合上、掲載日は確約できません。また、文字数は2000字以内とさせていただきます。編集部から不明な点などを確認できるよう、必ず連絡先を、また匿名を希望される場合は、その旨明記してください。

編集部

郵送先:Vancouver Shinpo: 3735 Renfrew St. Vancouver, BC V5M 3L7
Fax: 604-431-6892
E-mail: This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。