2017年10月26日 第43号

 

 

イラスト共に片桐 貞夫

 

「うん。でもソロンガは強いんだ。ぼくよりも強いんだよ」

 おじさんは、そうかそうかとわらって立ち上がり、うらに行きました。そして、しばらくしてからりっぱな馬をつれてもどって来ました。

「のってみれ」

「え、ぼく?」

「この馬にのってみれ」

 アルタイは馬にのったことがありません。

 ほかのしんせきの人も家から出て来て言いました。

「のってみれな」

 アルタイは、おじさんの手をかりて馬にまたがりました。

「走ってもいいぞよ」

「うん」

 アルタイがたづなをとりました。さいしょはゆっくりと町の中を歩きましたが、町から出ると小走りにさせました。うしろを見ると、ソロンガがしんぱいそうについて来ます。

 しばらくしてから、アルタイは馬をもっとはやく走らせました。

「うわー!」

 馬はひづめの音も高く走っています。まわりのけしきがとぶようです。アルタイはうれしくて、ソロンガのことなどすっかりわすれてしまいました。

「アルタイ、どうじゃ。馬が気にいったか」

 帰るとおじさんが言いました。

「うん、はやくてすごい。すごいんだ」

「くれてやる」

「え」

「アルタイにこの馬をくれてやる」

「ほんとう?」

「ほんとうじゃとも。わっははは」

 どうやら、おじさんはじょうだんを言っているようではありません。アルタイは、馬にのって家に帰る自分をそうぞうしました。毎日毎日、馬にのってあそんだら、どんなに楽しいだろうと思いました。

 

   六 馬  

 つぎの朝、アルタイがしんせきの家を出たのは、お日さまが出てからのことでした。

「さよーなら」

「さよーなら」

 アルタイは馬の上です。おみやげの赤と黄色の大きな風せんが馬にゆわえつけてあります。

「メェーメェー」

 うしろをついて歩くソロンガが、ふふくそうになにやら言っています。アルタイがわらって答えました。

「しんぱいすることなんてないよ。きょうは馬にのって帰るんだから」

 ソロンガは、おそいしゅっぱつをしんぱいしていたのです。

 アルタイは、ソロンガの歩き方がはがゆくってなりません。ときどき、はやく走ってはソロンガがおいつくのをまって言いました。

「馬っていうのはすごい。馬さえあれば、どこに行くのもあっというまだよ」

「メェェ」

 答えるソロンガのなき声がかなしそうです。しかし、馬上でとくいになっているアルタイは気がつきません。

 二時間ほどのみちのりを来た時です。アルタイが前をゆびさして言いました。

「ほら、もう、えんとつ岩が見えてきた」

 目じるしの岩です。

 アルタイがまた、先に行ってるよと言って馬を走らせようとしました。その時、風せんの一つが「ぱん!」と、大きな音をたててわれました。すると、馬が「ヒヒーン!」とないて、すごいはやさで走り出してしまいました。

「あー」

 馬は耳もとの風せんのわれる音におどろいたのでしょう、アルタイが、いくら止めようとしても止まりません。気がくるったかのように山の方に走っていきます。アルタイは、ただ、馬から落ちないように、つかまっているしかありません。

 馬がようやくスピードをゆるめたのは、山をかなりのぼってからのことでした。ところが、その時、風がふいて、「ぱん!」と、二つ目の風せんがわれました。馬がうしろ足で立ちあがり、アルタイは馬から落ちてしまいました。アルタイが足をくじいて歩けないと知ったのは、馬のすがたがどこにもなくなってからのことでした。

 アルタイは、はいずって岩の上に出ました。しかしなにも見えません。下には、はてしない平原が広がっているだけで、人のすがたもソロンガのすがたもありませんでした。

「ソロンガー」

 歩けなくなったアルタイにとって、たよりになるのはソロンガしかいません。たとえ、アルタイがこの岩の上で夜を明かし、どんなにまっても、だれもこんなところには来ないでしょう。

「ウオォーーーーー」

 アルタイがはじめておおかみのとおぼえを聞いたのは、西からの夕風をほほにかんじた時でした。

(続く)

 

 

今週の主な紙面
11月16日号 第46号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康質のよい体を保つ法・その2…V-21
リメンバランスデー日系カナダ人戦没者追悼式典…V-23
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは11月16日号 第46号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ