2017年5月11日 第19号

 パンケーキ・ミックスやシロップといった朝食材料の有名ブランド、アント・ジェマイマ(Aunt Jemima)の冷凍ワッフルなどが、リステリア菌に汚染している恐れがあるとして、製造元のピナクル・フード・カナダ社がリコールを発表した。

 カナダ食品検査庁によると、リコール対象製品は以下のとおり。

アント・ジェマイマ・ワッフル(144個入り3.57キログラム、UPCコード:1 00 19600 43575 1)
アント・ジェマイマ・オリジナル・薄切りフレンチトースト(144個入り6.1キログラム、UPCコード:0 00 19600 05870 0)
アント・ジェマイマ・厚切りフレンチトースト(72個入り、4.86キログラム、UPCコード:0 00 19600 43560 0)

 先週末までの段階では、これらが原因と見られる食中毒は報告されていないが、検査庁では消費者に対し、これらの製品を食べないように、また卸や小売業者、カフェのほか病院などの医療機関の食堂でも、これらを提供したり販売しないに呼びかけている。

 リステリア菌による食中毒の症状は、吐き気、嘔吐、長く続く熱、筋肉の痛み、激しい頭痛や首すじのこわばりなど。妊婦や高齢者、また免疫力の衰えている人は特に感染のリスクが高まる。

 今回のリコールはアメリカでも行われている。カナダ食品検査庁による調査は現在も続けられており、リコール対象がさらに広がる可能性もあるという。

 

 

 

今週の主な紙面
5月25日号 第21号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
Kimono Culture着物を通して日本文化の美を紹介する企画展…V-2
老婆のひとりごと…V-3
外から見る日本語…V-5
認知症と二人三脚…V-12
バンクーバー・ホワイトキャップス…V-16
$5クッキング…V-16
オタワ便り…V-22
Saoriのワンポイントコーディネート術…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは5月25日号 第21号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ