2016年10月27日 第44号

 カナダ銀行は19日、金利を0・5パーセントのまま据え置くと発表した。金利は2015年7月に同年2回目の引き下げ以降、据え置かれたままとなっている。

 ただこの日の記者会見で、スティーブン・ポロス総裁は金利を引き下げる可能性もあったと述べた。しかし今回は据え置いた理由として、今月発表された連邦政府の住宅ローン規制の影響を見極めること、輸出が上向いていること、さらには来月のアメリカ大統領選の影響などをあげた。専門家は2018年に入るまでは金利は変更されないのではと予測している。

 さらにこの日発表された金融報告書で、実質国内総生産(GDP)を7月の予測よりも下方修正した。

 今年第3四半期の実質GDPは3・2パーセントと予測、7月の3・5パーセントから下方修正した。第4四半期は2・8パーセントから1・5パーセントに修正した。今年全体としては、7月の1・3パーセントから1・1パーセントに、来年は2・2パーセントから2パーセントに修正した。

 7月、8月と輸出が伸びたものの、それまでの5カ月間での落ち込みを埋めるまではいかず、アメリカの経済が依然として伸び悩んでいることなどから経済予測を下方修正したと語った。

 また連邦、州政府が実施した不動産に対する政策については「歓迎」すると語り、国内経済の不安定要素緩和に一役買うとの認識を示した。カナダ銀行はこれまでも高騰し続ける不動産による国民の負債額の膨張に対して、金利が上昇した時に国内経済が危機的な状況に陥ると警鐘を鳴らしていた。

 

 

今週の主な紙面
4月25日号 第17号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
$5クッキング…V-2
オタワ便り…V-16
Hello! Community…V-23
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは4月25日号 第17号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ