2017年2月16日 第7号

1941年神戸で撮影された写真に、父ボルフが写っていた。バンクーバー市に住むアラン・ベイレスさんは、父の人生と杉原ビザが絡み合っていたことを知る。

 

ボルフ・ベイレス(右から3人目、眼鏡をかけている)と、ユダヤ系避難民たち。左から2人目は当連載1回目のナテック・ブルマン。神戸、1941年5月(ブルマン家提供)

 

■書類で知った父の経歴

 父ボルフ・ベイレスが亡くなったのは1968年。息子のアランは13歳だった。父の人生について詳しいことは知らなかった。ただ、戦中、ヨーロッパから日本を経てカナダに来たということは聞いていた。

 父が残した書類に目を通したのは、ずっと後のことだ。父の経歴について、いくつかのことが分かった。

 ボルフは、1906年、ポーランドのワルシャワで生まれた。織物業について勉強し、織物技師になった。同20年代、ポーランド軍にいた時期がある。30年代には織物工場を経営していた。

 1939年、第二次世界大戦が始まると、ポーランド軍に呼び戻された。しかし、ソ連軍に捕まる。その後、捕虜収容所から逃げ、リトアニアに向かった。

 

■写真に写っていた父

 ボルフは、リトアニアからさらに東に移動する。汽車でソ連を横断しウラジオストクに至り、そこから船で日本に渡った。日本に滞在した後、1942年、カナダに来た。 

 父のこのような経緯を知ったのはアランが20歳代で、新聞社で仕事をしていた時だ。しかしその時でさえ、杉原千畝や彼が発給したビザの話については何も知らなかった。

 ところが今から10年ほど前、インターネットを通して杉原ビザの話を知った。父がたどった経過とビザの話が一致するように思えた。そこで杉原に関する本を読んでみた。

 「するとその本に一枚のグループ写真があり、その一人がなんと父でした」とアラン。  父が杉原ビザ受給者であったことを確信する。

 

■迂回して至ったカナダ

 1941年2月から8月まで、ボルフは東京のポーランド大使館が設置した「戦争犠牲者救済委員会」の避難民課からの代表として、神戸で働いていた。同じ避難民のために貢献していたことが、同協会からの感謝状で分かる。

 また東京で発給された彼のポーランド・パスポートを見ると、カナダ入国ビザを得たのは1941年7月10日。しかし、9月まで神戸に留まり仕事を続けた。そして、いよいよカナダに向かおうという時には、船がなかった。日本から北米を結んでいた日本郵船の船は、忍び寄る太平洋戦争の暗雲の下、7月中旬以降、全て運航休止になっていたからだ。

 一方、日本政府は、同年8月・9月、日本に滞在していたユダヤ系避難民たちを日本軍支配下の上海へ移動させる。ボルフも、上海へ。

 上海から香港、インドネシア、オーストラリア、米国と移動し、ようやくカナダ、BC州ホワイトロックに到着したのは1942年3月だった。

 

■日本製ティーセット

 世界大戦が終了すると、ボルフは建国中のイスラエルへ行き、空軍に加わる。同国の独立のため戦った。その後、カナダに戻り、モントリオールで織物業に携わる。結婚して、二人の子供を持った。

 「よく働く父だった」と息子のアランは思い出す。

 ボルフが日本から数カ国を経てカナダまで運んできたティーセットがある。名古屋市の日本陶磁器意匠センター専務理事・櫻井健二郎氏の調べで、裏印や絵柄装飾の技法から、1893年(明治26年)創業の、同市東区にあった「株式会社ヤマスボシ鈴木商店」による製造と分かった。同社は1984年(昭和59年)に廃業しているが、戦前・戦後を通し、輸出陶磁器の名門として貿易関係者に知られていたという。

 戦禍にあっても祖国や同胞のため力を尽くしたボルフ。日本で何を思いながらこのティーセットを手にし、大切にカナダまで持ってきたのだろうか。  聞いてみたかった。  

(取材 高橋 文)

 

アラン・ベイレスさん。バンクーバー市内、2012年7月

 

ボルフ・ベイレスが日本からカナダまで持ってきた日本製のティーセット(ベイレス家提供)

 

 

今週の主な紙面
4月20日号 第16号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
ヴァイオリニスト、カレン五明さん…V-2
絆~Kizuna カナダツアー……V-4
気持ち英会話…V-5
和食のテーブルマナー…V-12
BC日系二世カーリングトーナメント…V-12~13
7人制ラグビー日本代表総監督・岩渕健輔氏に聞く…V-16
ヨガと健康…V-22
認知症と二人三脚…V-23
テキトー母さんの処方箋…V-26
この人にフォーカス 公邸料理人・大谷拓也シェフ…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは4月20日号 第16号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ