2017年4月27日 第17号

 

 

イラスト共に片桐 貞夫

 

 蘭子はオレンジジュースを貰い、クリスティーンは缶ビールを開けた。

「ランコ、ランコはもうトロントのことは誰よりも詳しいんではないですか」

 リリアンが笑って言った。蘭子が、ノーノーと首を振って否定すると、輝昭が感心したような口調で、そうだよなあ、母さん。これで何回目、トロントは? と訊いた。

「十五回目。バンクーバーも入れたら十六回目よ」

「バンクーバーにも行ったことがあるんですか」

 チャッドがすかさず訊いた。

「すごいなあ」

「行ったことないんですか」

 蘭子が首をかしげてチャッドに訊き返した。

「ええ、我々も一度はバンクーバーに行きたいと思っているんですが暇も機会もなくて」

「そうですか」

 意外であった。いくら大きな国といってもチャッドもリリアンもバンクーバーに行ったことがないという。

「きれいなところなんでしょうバンクーバーは」

 リリアンが訊いた。

「そうですね。美しい街です」

「観光旅行として行ったんですか」

「いえ、輝昭に会いに行ったんです」

「テルアキ?」

 全員が輝昭を見た。

「一緒に旅行に行ったんですか」

 リリアンがさらに訊いた。

「いえ…」

 この時、蘭子はチャッド夫婦が輝昭の「バンクーバー留学」のことに無知であることを知った。意外であった。これほど親しい友だったら互いの前歴は知っていて当然であった。

「バンクーバーでなにをしてたんだ」

「…う、うん。…学校に行ってたんだ」

 チャッドの問いに輝昭が躊躇するように答えた。

「がっこー? がっこーってハイスクールのことか」

「…い、いや大学だ。…ブリティッシュ・コロンビアだよ」

 輝昭の口調が重い。

「ブリティッシュ・コロンビア? ブリティッシュ・コロンビアか。そうか知らなかった。テルアキはバンクーバーのブリティッシュ・コロンビア大学にいたことがあるのか」

 チャッドが首をかしげて輝昭を見た。

「ウウウウ……」

 そのとき、ジョージエットという一番下の子が泣きながら戻ってきた。

「どうしたんだ」

 輝昭が膝の上に抱き上げて言った。

「ポールがいじめた。あたしのことを邪魔にした。…ウウウ」

「そんなことをしたのか。ようーし、こらしめてやる」

 輝昭がジョージエットを抱いたまま立ち上がって海辺の方に歩いていった。

 会話が途切れた。

 蘭子はチャッドから目を離し、ジュースのグラスを口に近づけた。そのとき、妙な人の群れの存在に気がついた。かなり離れていて気がつかなかったが、五、六人の男女がこちらを向いて坐っている。ピクニックを楽しんでいるようには見えず、プラカードのようなものを掲げている。この半裸の人の群れの中で場違いなグループであった。

 チャッドが喋っている。

「そうか。テルアキはバンクーバーのブリティッシュ・コロンビア大学にいたことがあるのか」

「知なかったわね」

「うん。…どのくらい行ってたんだろう、ブリティッシュ・コロンビアに」

 チャッドがクリスティーンの方を見て訊いた。 「知らないわ」

「しらない?」

「そう、あたしも知らないの、テルアキがバンクーバーの大学に行っていたこと」

「なんだ、クリスティーンも知らないのか」

 妻であるクリスティーンも輝昭のバンクーバー留学を知らないという。どういうことなのか。輝昭は故意に言わなかったのか。

「そうだったのか。テルアキはブリティッシュ・コロンビアからマクマスターに来たのか」

 チャッドの口調がひとりごとのようになっている。マクマスターとはトロントの大学で輝昭はそこを卒業したのだった。

「なんでマクマスターに来たんだろ」

「わたしおぼえてるわ」

 蘭子が口を出した。

「輝昭がマクマスター大学の医学部がカナダで一番だからって言ったのを」

「ああそうか。それでマクマスターに編入したのか。テルアキらしいな」

 言い終わってからチャッドがふたたび首をかしげた。

「ちょっと待てよ。二十年前のことだろう。あの頃はブリティッシュ・コロンビアの方が上だったんだ。確かそうだよ。マクマスターの方が上になったのはこの十年ぐらい前からなんだ」

「そうよねえ。確かにそうだわ」

(続く)

 

 

今週の主な紙面
11月23日号 第47号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
気持ち英(え〜)会話…V-3
MOVIES TIME OUT…V-10
第7回牡蠣の早あけ世界大会…V-11
人類学博物館で先住民セイリッシュ族の織物展 The Fabric of Our Land: Salish Weaving…V-11
ハロウィン発表会 グラッドストーン日本語学園…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
$5クッキング…V-23
2017 年JET ゴルフ納会・総会…V-23
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは11月23日号 第47号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ