BC州及びユーコン準州にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

ケベック市における銃乱射テロ
2017年1月30日

1.1月29日20時頃(当地時間)、ケベック州ケベック市のイスラム文化センターで6名が死亡し、多数が負傷する銃乱射テロ事件が発生しました。実行犯2名は警察に逮捕された模様です。

2.つきましては,治安情勢等の最新の関連情報の入手に努めるとともに、改めて危機管理意識を持つよう努めてください。また、不測の事態に巻き込まれることのないよう、特にテロの標的となりやすい場所(モスク等宗教関連施設、政府・軍・警察関係施設、欧米関連施設、公共交通機関、観光施設、デパートや市場等不特定多数が集まる場所等)を訪れる際には、周囲の状況に注意を払い、不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等、安全確保に十分注意を払ってください。

 

カナダ出入国情報
〜カナダと他国との二重国籍者がカナダへの航空便に搭乗する際のカナダ・パスポート所持義務について〜

2016年12月17日 カナダ政府によれば、1月10日から、カナダと外国との二重国籍者が、外国のパスポートを使用してカナダに空路で入国または乗継をする場合には、カナダのパスポートも同時に所持していないと、カナダへの航空便に搭乗することができなくなりました。つきましては、22歳未満の日本国籍保有者で、カナダ国籍も所有する方におかれましては、特にご注意ください。詳細はカナダ政府のウェブサイト (http://www.cic.gc.ca/english/visit/dual-canadian-citizens.asp)をご確認下さい。

 

海外に渡航・滞在される方の安全対策のためのお知らせ
2016年12月6日 

女性への性的暴行に対する注意
近年、海外において日本人女性が性的暴行の被害に遭う事例が多発しています。特に海外では言葉が通じにくいことや、日本女性に対する偏った思い込みもあり、外国人男性から強引なアプローチを受けることがありますが、隙を見せないよう十分に注意してください。

○ 女性の単独行動や夜間の外出は控える。
○ 旅行中に親しげに声をかけてくる外国人に対しては、安易に信用せず、警戒心を忘れずに、少しでも不審に思ったときははっきりと断る。観光案内を持ちかけられてもついていかない(日本語で話しかけ、日本での滞在経験や日本人の知り合いの名前に言及するなどして旅行者を安心させてだますような巧妙な手口も発生しており、注意が必要です)
○ 知らない人に勧められた飲食物を安易に口にしない。
○ 過度な飲酒は控える。
○ 過度な肌の露出を避ける。
○ ホテルの部屋等においてドアをノックされ、ドアを開ける場合は、防犯 チェーンを掛けたままで相手を確認する。(ホテルのスタッフや、水道や電気の修理人に見えても、頼んだ覚えがなければフロントに確認を取る)。
○ タクシーを利用する場合は、タクシー乗り場から正規のタクシーを利用し、白タク等の営業許可を受けていないタクシーには絶対に乗らない。

 不幸にも性犯罪の被害者となってしまった場合には、速やかに最寄りの警察か、日本国大使館・総領事館に御相談ください。大使館・総領事館では被害者の個人情報を厳格に管理し、被害者の方の人権にも最大限配慮して対応いたしますので、安心して御相談ください。

 

◆外務省 海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)   

◆在バンクーバー日本国総領事館
住所:900-1177 West Hastings Street,Vancouver, BC
電話(代表):(604)-684-5868

 

 

今週の主な紙面
9月21日号 第38号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
こだわりのお弁当作り ~お弁当で日本とカナダを表現〜…V-11
メープルロード「VIFF バンクーバー国際映画祭2017日本映画特集」…V-12,13
MOVIES TIME OUT…V-13
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-10

詳しくは9月21日号 第38号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ